基本知識

葉酸サプリを飲んでいる割合は?飲まなくても大丈夫?

葉酸サプリ 飲んでいる割合

いきなりですが、皆さん

葉酸サプリを飲まなくてもいい理由を探していませんか?

今、きっとこう思っていることでしょう。

  • ほとんどの人が飲んでないでしょ?
  • 昔の人は葉酸サプリなんか飲んでいない
  • 野菜をいっぱい食べれば平気

でも残念ながら葉酸サプリは飲まなくてはいけません!

その理由をこれから葉酸サプリを飲んでいる割合をご紹介しつつ、説明していきます。

約6割が妊娠前から飲んでいる!

葉酸サプリを飲んでいる人の割合を調べるために独自のアンケートを実施し、妊娠中、または出産後の方を対象に葉酸サプリの利用率を調べた結果が次の通りです。

葉酸サプリ飲用率実に約6割の方が葉酸サプリを妊娠前から飲用していました。これは正直に申し上げまして葉酸サプリを推奨する私も予想以上の割合でした。

しかし後々、正式な葉酸サプリの摂取割合のデータがないか調べたところ、日本産科婦人科学会学術講演会で2017年時点で53.3%の人が妊娠前から葉酸サプリを摂取しているというデータがありました。

このことから2018年には60%に使用率が上がっていてもおかしくはないでしょう。

しかも妊娠してから飲み始めた人も合わせると、葉酸サプリを飲んでいる女性の割合はもっと上がります。

葉酸サプリが本格的に推奨されたのは2000年から

そもそも葉酸サプリがこのように推奨され始めたのはいつからなのでしょうか?

その答えは2000年からです。2000年に厚生労働省が二分脊椎の子どもの出生率が他国に比べて下がらないことを危惧して、ようやく葉酸の摂取に力を入れ始めたのです。

それから母子手帳でも食事での葉酸の他に、葉酸サプリで別に摂取することを記載され、葉酸の認知度も徐々に広まっていきました。

ちなみに2000年時点では葉酸サプリの摂取率は10%未満でしたのでそれを考えると、いかに葉酸サプリの重要性が広まったかがわかりますね。

葉酸サプリの必要性については

葉酸サプリは本当に必要?必要か不要かをいろいろと考えてみた結果…

こちらの記事で詳しくまとめています。気になる方は一緒にご覧ください。

昔の人は葉酸サプリを飲んでいないけど・・・

こんにちの葉酸普及率を見てもまだこんな疑念を持っている方もいるでしょう。

「昔の人は飲んでいなくても出産出来ているし、飲まなくてもいいんじゃないの?」

この疑問は私も以前まで持っていました。

しかし、昔と今では決定的に違うことがあるんです。

早い話が昔は食事だけで葉酸が補えていたので葉酸サプリは必要がありませんでした。

どういうことかというと、今の野菜は昔に比べて食べやすいように改良が加えられた代償に栄養価が失われています。

そして私たちの食生活も昔に比べて多様化し、一汁三菜の食事から肉メインの食事となっています。

このことから「昔の人は飲んでいなかった」という言い訳は通用しないのです。

せめて妊活中から妊娠初期までは飲んで欲しい

それでも葉酸サプリを飲むのは面倒、飲みたいけど家計的に厳しい…という方はせめて妊娠前の妊活中から妊娠初期までは飲むことを推奨します。

というのも葉酸が一番重要となるのは赤ちゃんの体が生成される妊娠初期までの段階で、この時期までに葉酸サプリを飲むことで以下のような効果を得られるからなんです。

妊娠前からの葉酸サプリ摂取で奇形児のリスク低減

もともと葉酸サプリを政府が推奨しているのは二分脊椎による奇形児の出産リスクを低減するためです。

もし葉酸が不足している状態でおなかに赤ちゃんを授かると、神経や血管、細胞に異常を持って育ち、奇形児や未熟児、低体重の子どもで生まれてしまいます。

ちなみになぜ妊娠前からの摂取が必要かというと、妊娠が発覚する段階ではすでに脊椎など人としての骨格が生成されてしまっている後なので、最低でもそれらが生成される前の妊娠1カ月前から葉酸サプリを摂取していないと意味がないからです。

妊娠に適した身体作りが出来る

葉酸サプリは胎児の成長を助けるだけでなく、あなた自身の健康にも効果があります。

そして健康な身体を作るという事は妊娠する確率を高めることにも繋がるんですよ。

特に35歳過ぎの妊活中の女性に葉酸サプリを飲んでほしく、葉酸サプリに含まれるビタミンCの抗酸化作用によって、35歳から急激に衰える卵子の老化を防いでくれるので妊娠の確率を上げることが出来ます。

貧血や疲労骨折を予防する

妊娠中はおなかの赤ちゃんに優先的に栄養が吸収されます。そしてもし食べ物からの栄養が不足していると、すでに妊婦さんが持っている栄養素まで奪っていきます。

これによって妊娠初期は鉄分やカルシウムが特に不足しやすく、貧血や疲労骨折を引き起こすケースがとても多いんです。

ですからこれらを防ぐために妊娠初期には鉄分やカルシウムが配合された葉酸サプリの摂取がより重要になります。

また、葉酸以外の栄養成分が豊富な葉酸サプリを飲むことでつわりなどの辛い症状を緩和する効果も期待出来ますよ。

葉酸サプリを時期別でご紹介!妊活中・妊娠中・授乳中におすすめなのはコレ!

葉酸サプリを飲んでいる割合や、葉酸サプリがもたらす効果についてご紹介してきましたが、妊活中・妊娠中・授乳中は必要な栄養素や摂取量が異なってくるため、時期ごとに飲み分けるのもおすすめです!

そこで最後はおすすめの葉酸サプリを時期別でご紹介していくので、葉酸サプリの購入を検討している方は、ぜひ自分の時期に合ったサプリをチェックしてみてくださいね。

【ベジママ】妊活中の方におすすめ!

葉酸の含有量 400㎍
栄養成分 ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンE・アイスプラント・ピニトール・ルイボスなど
価格 通常購入価格:5,500円
定期購入価格:2,750円(初回のみ)
安全性 GMP認定マーク取得

妊活中の方におすすめしたい『ベジママ』は、多くの雑誌で特集されているほど注目を集めている葉酸サプリです。

ベジママには、世界でも話題の妊活サポート成分「ピニトール」が260㎎も配合。

他にも葉酸の働きを助けるビタミンB群、妊娠しやすい体づくりをサポートするルイボス、妊活ビタミンと呼ばれているビタミンEなどが配合されているので、ママになる準備をしているあなたにピッタリのサプリメントとなっています!

元気な赤ちゃんを迎えるためにも、ベジママでしっかりと栄養摂取をして健康的な体を手に入れてくださいね。

【ベルタ葉酸サプリ】妊娠中の方におすすめ!

ベルタ葉酸サプリ
葉酸の含有量

400μg

栄養成分 鉄分・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12など
価格 通常購入:5,980円
定期購入:3,980円
安全性 GMPマーク取得

次にご紹介するのは、妊娠中の方におすすめの葉酸サプリ『ベルタ葉酸サプリ』です。

ベルタ葉酸サプリには、つわりを和らげるビタミンB6、妊娠中期~後期に起こりやすい貧血対策に欠かせない鉄分など、ママの体に嬉しい栄養素がたっぷり配合されています。

また、赤ちゃんの骨や歯の形成に必要不可欠なカルシウムも配合されているので、お腹の赤ちゃんの成長もしっかりサポート!

もちろん妊娠初期に必要な葉酸も400㎍配合されているので、妊娠中の方は1度ベルタ葉酸サプリを試してみてはいかがでしょうか?

【ララリパブリック】授乳中の方におすすめ!

葉酸の含有量 400㎍
栄養成分 鉄・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12・8種類の国産野菜など
価格 通常購入価格:3,980円
定期購入価格:2,980円
安全性 GMPマーク取得、安心・安全マーク取得

最後にご紹介するのは、授乳中の方におすすめの葉酸サプリ『ララリパブリック』です。

なざララリパブリックが授乳中におすすめなのかというと、上記の2つには配合されていない国産野菜が8種類も配合されているから!

赤ちゃんの栄養源となる母乳はママの血液から作られるため葉酸や鉄分はもちろん、バランスの良い栄養補給が大切になります。

しかし、産後は育児で毎日忙しくなってしまうため、栄養バランスが乱れがちに…。

でもララリパブリックなら、毎日4粒飲むだけで良質な母乳を作るための栄養がしっかり摂れるので、忙しいママさんの心強い味方になってくれること間違いなしですよ!

まとめ

日本ではサプリメント文化が普及していないせいか、いざ葉酸サプリが必要と言われても飲むのに抵抗を感じる方が大勢いるようです。

それに継続して飲まなくてはいけないものなのでお金の面でも飲むのを躊躇してしまう理由があります。

しかし、大事な赤ちゃんのためにも葉酸サプリはぜひ飲んでほしいのです。

人生で一番と言ってもいい大事な時期を後悔しないためにも、葉酸サプリで生まれてくる元気なお子さんと残りの人生を過ごしましょう。