基本知識

葉酸サプリは妊娠中期~後期も飲み続けて平気?胎児の喘息発症リスクへの影響は?

葉酸サプリ 妊娠中期 妊娠後期

妊娠発覚後から我が子のために飲み続けてきた葉酸サプリ。

葉酸サプリは妊娠初期の摂取が一番大事だど聞いたけど…それって妊娠中期・後期は摂取しなくても良いってこと?

もうすぐ安定期に差し掛かるけどまだ飲むべきか、それともそろそろやめるべきか。

そんな葉酸サプリの摂取期間についてお悩みのママたちのために、今回は妊娠中期・後期に葉酸サプリを摂取するべきなのか詳しくお伝えして参りたいと思います。

葉酸サプリは妊娠中期・後期にも飲むべき!

妊娠初期の摂取が推奨されている葉酸サプリですが、結論から言えば、葉酸サプリは妊娠中期・後期も飲み続けた方が安心です。

妊娠初期に葉酸サプリの摂取が推奨される理由

そもそもなぜ、妊娠初期に葉酸を摂った方が良いのか。

それは、妊娠初期に起こりやすい二分脊椎症や無脳症など、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるためです。

妊娠初期と言われる妊娠2ヵ月・3ヵ月・4ヵ月は、お腹にいる赤ちゃんの脳や脊髄などの大事な器官が形成される時期。

その時期に細胞の分裂や成熟を促す葉酸が不足していると、胎児の成長にも影響を与えてしまいます。

さらに日本は現在、神経管閉鎖障害の1つである二分脊椎症の発症リスクが年々増加しているとの報告があるため、厚生労働省でも妊娠初期の葉酸摂取を推奨しているんです。

妊娠中期・後期に葉酸サプリを飲んで安心できる2つのこと

赤ちゃんの体の重要器官は、安定期と呼ばれる妊娠中期にもなるとおおよそ形成が完了します。

ということは、もうこの時期にさしかかったら葉酸サプリの摂取もやめて大丈夫ってこと?

そんな疑問を持つママも多いことでしょう。

実際のところ、順調に生活を送れているのであれば、この時期に葉酸サプリの摂取を止めてしまっても問題ありません。

ただ、より安心したマタニティライフを送りたいのであれば、妊娠中期・後期も葉酸サプリは摂取することをおすすめします。

というのも葉酸は、妊娠中期以降もママと赤ちゃんに欠かせない栄養素だからです。

妊婦貧血の予防

妊娠月数と血液量の変化グラフ

つわりがだんだんと落ち着き始めてくる妊娠中期以降。

今度は赤ちゃんに必要な酸素や栄養素を送るため、ママの体の血液量が増加し、それに伴うマイナートラブルが頻繁に起こるようになります。

特に注意したいのが“妊婦貧血”と呼ばれる病気。

妊娠中期・後期に血液量が増加してヘモグロビンの濃度が低くなると、ママは立ちくらみやめまいなどの貧血症状を起こすことが多くなります。

未熟児や低体重の予防

また、妊婦貧血が起こると、お腹にいる赤ちゃんに十分や酸素や栄養が届かず、低出生体重児や未熟児のリスクが高くなることが報告されています。

さらに重症化すると、流産や早産、胎児形態以上などの可能性も。

特に多胎妊娠のママや抗てんかん薬を服用しているママは葉酸が不足した状態の貧血(葉酸欠乏性貧血)になり、こういったリスクが高くなるため、妊娠中期以降も葉酸を摂取したほうが安心です。

以上の理由から、妊娠中期・後期も葉酸サプリは摂取したほうが安心というわけです。

ただ、必ずしも葉酸を摂取しなくてはいけないわけではありませんから、もし心配であれば、妊婦健診で行われる血液検査の結果を見て葉酸サプリの摂取を継続するか決めるのも良いでしょう。

葉酸サプリの摂取が必要なのは授乳期が終わるまで

さて、ここまでは妊娠中期・後期に葉酸サプリを摂取する必要があるのかお伝えしてきました。

しかし、妊娠・出産を経験した私から言わせると、実は葉酸サプリは出産後も飲み続けるのがおすすめです。

葉酸サプリの摂取期間に関しては以下の記事にもまとめてありますから、どうぞこちらも参考になさってみてくださいね。

葉酸サプリを摂取し続けると赤ちゃんが喘息になる?

ところで、妊娠中に葉酸を摂取し続けると、赤ちゃんの喘息の発症リスクが高くなるって聞いたんだけど…

みなさんもこのようなお話を聞いたことはありませんか。

これから生まれてくる赤ちゃんが苦しい思いをするぐらいなら葉酸をとらない方が良いのでは…?というママも多いことかと思いますが、実はこの葉酸と喘息の発症リスクの関係は、葉酸の摂取量に問題があるだけなんです!

過剰摂取しなければ問題なし

参考資料:厚生労働省
日本人の食事摂取基準

厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量を見てみると、妊娠時は400~480㎍、授乳時は280~340㎍の葉酸が必要とされています。

しかし、先ほどの“妊娠中に葉酸サプリを摂取し続けると喘息の発症リスクが高くなる”という話は、実は葉酸を1日1mg(1000㎍)も摂取していたからなんです。

参考文献:https://academic.oup.com/aje/article/170/12/1486/158006

オーストラリアで発表された葉酸と喘息の関係性についての論文を見てみると、

葉酸は妊娠初期に起こりやすい神経管閉鎖障害のリスクを低減するために必要、でも摂りすぎると胎児の呼吸器官などに悪影響があるかもしれないから注意してね

というような趣旨が記載されています。

つまり、葉酸サプリを飲み続けるといっても、1日の摂取量さえ守れば特に問題はないんです。

飲み忘れたから翌日に前の日の分もまとめて飲んだりしなければ良いってことね!

ただし長期で葉酸サプリを摂取する場合は安心できる商品を

ただ、葉酸サプリの中には、着色料や保存料などの添加物が含まれているものも多く存在します。

約10ヶ月間の妊娠期間、せっかく長い間お付き合いしていく葉酸サプリなら、少しでも安心できる商品を選びたいですよね。

そこで私がみなさんいおすすめしたいのが、配合成分と品質にこだわってつくられた葉酸サプリ『ララリパブリック』です。

妊娠中期・後期もララリパブリックなら安心・安全♪

ララリパブリック
★定期購入はいつでも解約可能!
★国産野菜のミックスパウダーで野菜の栄養素もたっぷり!
★モデルの山田優さんが愛用する葉酸サプリ
葉酸の含有量 400μg
サポート成分 鉄分・カルシウム・ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12
その他成分 国産野菜パウダー
美容成分
価格 通常購入:3,980円
定期購入:2,660円
安全性 GMPマーク取得
安心・安全マーク

ララリパブリックは国産野菜のミックスパウダーが配合された葉酸サプリです。

1日に必要な葉酸の摂取量はもちろん、妊娠中に不足しがちなビタミン・ミネラルをしっかりと補うことができます。

ララリパブリック 配合成分 原産地

製造過程や原産地がしっかりと明確化されているのも嬉しいポイント♪

実際に産科でサンプル配布されていたり、ママ向けの雑誌で取り上げられたりしているので信頼性も高いですね。

また、葉酸特有のニオイを抑えていているから、ニオイに敏感なつわりの時期でも無理せずに飲むことができます。

形状もサイズもママにやさしい設計になっており、特に体調が優れない妊娠初期は本当にお世話になりました。

妊娠中期・後期でも安心して飲めるようにつくられていますので、妊娠中ずっと葉酸サプリを摂り続けていきたいママには本当におすすめです!

ちなみに私は栄養満点の母乳育児を目指していたので、卒乳するまではずっとララリパブリックを愛用していました。

おかげで子供もすくすく育っています♪自分の体とかわいい我が子のために、是非ララリパブリックを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

“葉酸サプリ=妊娠初期にだけ積極的に摂れば良い”という解釈のママも多いですが、これから先に待ち受けている妊婦貧血や胎児への影響を考えると、やはり妊娠中期・後期も葉酸サプリは摂取すべきです。

今回ご紹介したララリパブリックは、GPSマーク、安心・安全マークを取得しているため、妊娠中・授乳中の方でも安心して飲み続けることができます。

現在お腹の中でがんばって成長している赤ちゃんのためにも、是非今できるママ活をはじめてみてはいかがでしょうか。