基本知識

無農薬で放射能の影響がない葉酸サプリを厳選してみました!

葉酸サプリ 無農薬 放射能

「葉酸サプリって色々な野菜が使われているじゃない?農薬とか放射能の影響はないのかしら?…」

このような疑問を感じている妊婦さんをよく耳にします。

妊娠中に摂取した食べ物の成分は、そのまま胎児へとへその緒を通じて流れることになるので、農薬や放射能などによる悪影響には敏感になってしまいますよね。

まして、葉酸サプリの原材料を見てみると、たくさんの種類の野菜が使われているので、原産地がどこなのかとか、どのようにして栽培された野菜なのかなど気になることでしょう。

そこで今回は、農薬・放射能の影響が無い安全な葉酸サプリについて紹介していきたいと思います。

無農薬かつ放射能の影響がない葉酸サプリはあるの?選ぶときはここに注意

ほとんどの葉酸サプリでは、農薬検査や放射能による悪影響がないかどうか検査をしているものばかりなので、基本的には問題がありません。

ただ、海外のものや、メーカーが原産地などを非公開にしているものには少しだけ警戒するべきでしょう。

ここではまず、無農薬で放射能の影響がない葉酸サプリを選ぶために最低限注意して欲しいことを2つ紹介していきます。

 天然素材でオーガニック製法への拘りがある葉酸サプリ

天然素材を利用していてオーガニック製法にこだわりのある原材料を使用している葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

オーガニック製法とは、農薬を使用しないで野菜を育てる方法のことで、土づくりに力を注いで野菜を育てる農法です。

そのため、農薬による健康被害を恐れる必要がなく、安心・安全に葉酸を補うことが出来ます。

 GMP認定工場で製造され検査を受けている葉酸サプリ

放射能の影響がないかどうかを知るためには、GMP認定を受けているかどうかも重要な選択基準となります。

GMPというのはグッドマニュファクチュアリングプラクティスの略で、適正製造規範のことを言います。

つまりどういうことかと言うと、製品の原料から製品が出荷するまでの全工程において適切に製造管理や品質管理がされているかどうかを求めるための指標のことを指します。

この認定を受けているかどうかによって、しっかりと国に認められた工場で製造されたかどうかが分かるので、安全なサプリメントかどうかを見分けるのに打ってつけです!

ぜひ、農薬や放射能の影響が気になる人は、GMP認定の表記がある葉酸サプリを選ぶようにしてくださいね。

 無農薬で放射能の影響がないおすすめの葉酸サプリ特集!これを選べば間違いなし

葉酸サプリ 無農薬 放射能

お待たせしました!

それでは

  • 無農薬で放射能の影響がない
  • GMP認定を受けていて安全

な葉酸サプリを【葉酸のすすめ!編集部】が厳選したので、紹介してきたいと思います!

 パッケージにGMP認定表記のある葉酸はたったの2つだけ!

今回葉酸のすすめ!編集部が葉酸サプリを調査していて、パッケージにGMP認定が表記されていたのはたったの2種類しかありませんでした!

 その2つというのが、ベジママとララリパブリックです。

  ベジママ GMP ララリパブリック GMP
サプリ名 ベジママ ララリパブリック
価格 通常価格:5,500
定期価格:2,750
通常価格:3,980
定期価格:2,660
主要成分 葉酸・ビタミンCB6B12・その他(ピニトール配合) 葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンCB6B12

 これら二つは、写真を見ても分かる通り、しっかりとGMP認定の表記があり天然素材にこだわっている安全な葉酸サプリだということが分かりました!

しっかりとパッケージ表記がされていて安心出来る葉酸サプリを試したいという人は、ベジママとララリパブリックの二択で選んでみてください。

ちなみに、この2種類の葉酸の違いは価格とサポート成分だけ!

ベジママの場合は鉄分とカルシウムが配合されていない代わりに、妊活におすすめされているピニトールが配合されています。

対するララリパブリックは妊活成分であるピニトールの配合がないものの、妊娠中の貧血や骨が脆くなる事を防ぐために鉄分・カルシウムが配合されています。

したがって、妊活中の方はベジママを、妊娠中の方はララリパブリックを試してみると、状況にマッチした働きをしてくれますよ!

ちなみに、「嘘!たった2種類しかないの?」と思った方!安心してください。

実は記入していないだけで、GMP認定を受けている葉酸サプリは他にもあります!

その他のGMP認定葉酸サプリは次項で紹介していきたいと思います。

GMP表記はないけどGMP認定を受けている葉酸サプリ

実はメーカーによってはGMP表記をパッケージにしない会社があります。

した方が安全だと一目瞭然なのに何だかもったいないですよね。

そこで今回は、GMP表記をしていなくてもGMP認定を受けている葉酸サプリ3種類紹介していきます。

それがこちらです!

  ベルタ葉酸サプリ makana AFC葉酸サプリmitete
サプリ名 ベルタ葉酸サプリ makana mitete
価格 通常価格:5,980
定期価格:3,980
限定価格:1,980
通常価格:6,580
定期価格:3,980
通常価格:1980
主要成分 葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンCB6B12 葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミンCB6B12・マカ 葉酸・カルシム・ビタミンCB6B12

 よくおすすめされるベルタ葉酸サプリもGMP認定をしっかりと受けていたようで安心です!

また、妊活サプリとして近年人気を集めてきたmakanaGMP認定を受けています。

価格でみるとmakanaはかなり高いので、中々手を出しにくいでしょう。

ただ、妊活のサポート成分として有名なマカの配合があるので、妊活中の方におすすめの葉酸サプリです。

最後に低コストで購入できるAFC葉酸サプリのmiteteGMP認定を受けていました!

miteteには鉄分の配合がなく少々残念ですが、「葉酸サプリにあまりお金を使いたくない!」という方には最適の葉酸サプリです!

葉酸サプリ選びは慎重に!農薬や放射能が妊婦さん・胎児に及ぼす影響とは?

葉酸サプリの農薬や放射能が気になるとやってきたあなた!そもそも、農薬や放射能が妊婦さんの体や胎児へどのような悪影響をもたらすのかご存知ですか?

最後に、農薬や放射能が与える悪影響について知り、葉酸サプリ以外の食事でも気を付けていけるようにしましょう。

 農薬(マラチオン)が妊婦さんや胎児へ及ぼす健康被害

農薬と言えば有名なのがマラチオンです。

このマラチオンには殺虫成分として毒があるため、人が大量に摂取することで人体にも影響を及ぼすのではないかと懸念されている薬剤になります。

実際にマラチオンが妊娠中に及ぼす影響については研究されており、現時点では胎児への先天異常は確認されていないようです。

とは言え決して安全と言うことはなく、出来るだけ摂取しないことが好ましいとされています。

それは葉酸サプリに使用されている原材料にも言えることで、いくら加工されているとは言え、原材料に農薬が使用されている場合には胎児への健康被害のリスクが考えられます。

実際の研究内容については、下記の参考サイトをご覧ください。

参考:妊娠中のマラチオン曝露と先天異常のリスクについて|国立研究開発法人国立成育研究センター

放射能による影響が妊婦さんや胎児へ及ぼす健康被害

一般的に放射線による被曝は外部被曝ばかりだと思われがちですが、実は経口摂取や吸引などによる内部被曝もあります。

そのため、被曝の恐れのある食品は避ける必要があり、特に妊娠中は胎児への影響も考えて食べ物に気を付けなければいけません。

また妊娠中に被曝してしまうと、胎児の小児がんの発症リスクが高まるというデータもある上に、遺伝的悪影響も懸念されているのです。

したがって葉酸サプリに使用している原材料が被曝していないかどうか、放射線の検出の有無について確認・検証が行われているサプリメントを選ぶ必要があります。

 葉酸サプリ以外でも農薬と放射能の影響には要注意

今回は葉酸サプリに限定して農薬や放射能による影響を紹介してきましたが、普段の食事でも原材料の安全性については気を付ける必要があります。

そのため、野菜や魚などの天然食品を食べるときには、最低限原産地などに注意して選ぶようにしましょう。自分の身と胎児の身を守るのはあなたです。

 まとめ

今回は農薬や放射能による影響が無い葉酸サプリについて紹介してきました。

「これから妊活するぞ~!」

「妊娠中だから葉酸を摂取するぞ~!」

という方は、ぜひ無農薬製法で放射能の影響のない安全な葉酸サプリを選ぶようにしてください!

あなたの妊活ライフ・妊娠ライフを心から応援しています!