【妊婦必見!】おすすめ出来る葉酸サプリランキング

葉酸とはビタミンB群の一種で水溶性ビタミンです。ほうれん草の抽出物から発見されたためラテン語の「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」から「folium acid」と名付けられました。

この栄養素が注目される理由として最も重要なことがタンパク質や核酸(RNA,DNA)の合成に働くためです。

周知のようにDNAやRNAは遺伝に関係しており子供の健全な発達に重要な役割を果たします

つまり赤ちゃんがお腹のいる時点から発達に必要な栄養素であり、更に妊娠を考えている女性にとっても摂るべき栄養素であるわけです。

葉酸を含む食品

葉酸 食品

葉酸は緑黄色野菜や果物、更には動物性食品ののレバーにも含まれています。

代表的な食材の含有量は次にようになります。

*日本食品標準成分表2015年版(七版)のデータより引用

可食部100gあたりの葉酸含有量(㎍)

植物性食品

アスパラガス(ゆで)180、枝豆(ゆで)260、おくら(ゆで)110、春菊(ゆで)100、ブロッコリー(ゆで)

120、ほうれん草(ゆで)110 など。

動物性食品

動物性食品には多くの葉酸が含まれていますが大半は動物の生の肝臓で、一般に食材として口にできるものは、イクラ100、生うに360、かき(養殖、生)40、などに限られています。

為に葉酸を摂るためには緑黄色野菜が主となってきます。

他の栄養素と同様に葉酸も一日に摂取すべき量があります。

日本人の食事摂取基準(2015年版)では一日の摂取量を18歳以上の男女ともに240㎍とされています。

これに対し平成27年国民健康・栄養調査によると日本人の葉酸の摂取量は平均して291、2㎍で

必要量を満たしている事になります。

食材では野菜からの摂取が一番多く113㎍となっており、全体の38、9%を占めています。

また先にお話ししたように葉酸は赤ちゃんの発達に重要な役割を果たす栄養素なので、妊娠を考えている、妊娠中、乳幼児のお母さんは必要摂取量がプラスされます。

その内訳は次の通り通りです。

妊活中の女性は一日に200㎍プラス400㎍の640㎍が必要。

妊娠期の推奨量は240㎍にプラス240㎍で合計480㎍、授乳期はプラス100㎍で合計340㎍となります。

平成27年のデータと比較するとかなり多い量になりますが実際に対象となる女性の摂取量のデータは見当たらないので確定的なことは分かりません。

ただし上限値は1000㎍になっているのでもっと積極的に葉酸を摂ることが必要です。

欠乏症と過剰症

どのような栄養素であっても摂取必要量があるのと同様に「足りない」ことや「多すぎる」ことで障がいが出ることがあります。

葉酸の「欠乏症」

平均摂取量から分かるように今の日本人は通常の食事から必要量を摂取しているので欠乏症の心配はありません。

一つ心配なことは母体に葉酸が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害を引き起こす危険性があることですがよほど偏った食事をする以外起こることはないでしょう。

*神経管閉鎖障害 赤ちゃんの先天性障害の一つで、障がいの場所によって名前が変わり、脳に起きれば「無脳症」、脊椎に起これば「二分脊椎」を発症させます*

葉酸の過剰症

上限値が1000㎍になっているので、相当な量の野菜やレバーを食べなかければ起こる危険性はありません。

1~10mg摂取すると、発熱や蕁麻疹、紅斑、かゆみ、呼吸障害などを起こすことがあります。

葉酸の特性として、水溶性ビタミンの一種である為水や熱に弱く、調理で加熱することで栄養分が流出するので調理法にも工夫が必要となります。

また、単体で摂取するよりその他の栄養素と一緒に摂取することで吸収が良くなる性質があると言われています。

前述のように妊娠前、授乳期は摂取すべき葉酸の量が通常よりも2倍以上の量を摂らなくてはいけないので、普通の食事では不足してしまいます。

この事から葉酸サプリの摂取が必要となる訳です。

ただ、ひと口にサプリメントと言っても製薬会社の製品、通販専門会社の製品、健康食品メーカーの製品など様々で、それぞれの製品特徴があるようです。

その結果いざ葉酸サプリを摂ろうと考えてもどの製品が一番いいのか分からなくなります。

そこで現在流通している葉酸サプリの中からおすすめ出来る製品を決定し、ランキング方式で発表したいと思います。

初めに言っておきますが、サプリメントsupplementとは「補助食品」と言う意味で食事で充分に摂れない栄養素を「補う」ために飲むもので決して食事の代用品ではありません。

サプリメントを購入する際には次のような判断基準があります。

1、安心安全である事 成分だけではなく製造方法、過程においても安心安全であること

2、十分な栄養素が含まれていること

3、飲みやすく続けやすい事

4、コストがかからない

1、2に関しては各メーカーのホームページを確認しどのような過程を経て製造されているかを確認できます。

こうした情報が開示されていないメーカーの製品は信頼できないと判断します。加えて詳しい内容成分の種類、その量を表示した内容成分表を確認しましょう。

葉酸は赤ちゃんの正常な発達に欠くことが出来ない栄養素なので特に慎重に選ぶ必要があります。特に残留農薬の有無はしっかりチェックしましょう。

3に関しては殆どの商品が妊活女性対象の必要量400㎍を一日で摂れるように作られているようです。

コストに関しては葉酸以外の内容成分の種類や量で違います。

多くの種類の栄養素が含まれていることがいい製品とは限らないので自身にとってどんな栄養素が必要なのかを考えることが必要です。

葉酸サプリに限らずサプリメント製造メーカーは「有機栽培」を謳って安全性をアピールしている事が多々ありますが、「有機栽培」=「安全」とは言えません。

また「有機栽培」=「無添加」でもありません。

有機栽培とは「化学肥料や農薬に頼らず、家畜小屋の糞尿、敷きわらやたい肥など動植物の(=有機)肥料で、安全かつ美味の食料を作る栽培法」と定義されています。

しかしここで少し突っ込んで考えてみると、家畜を育てるのに使われた飼料は安全なのかと言う疑問も湧きます。

また「オーガニック」と言う言葉もよく使われています。

この「オーガニック」の意味は「有機の」で、有機栽培と同義語です。

さらに「有機栽培」「オーガニック」には国が定めた基準があり、現在の日本では有機JAS制度で「有機農産物」とされるおおまかな定義があり、次の通りとなっています。

  • *化学的に合成された肥料および農薬の使用を避ける
  • *遺伝子組換え技術を利用しない
  • *播種または種付け前の2年以上の間、有機肥料での土づくりを行った田畑で生産された物

こうして調べてみると色々と複雑で訳が分からなくなりますが、結論として積極的に「情報公開」をしているメーカーであれば信頼できると言う事になるようです。

また添加物については厳しい基準があり、製品自体の安定性に必要なものもあり過剰の心配は必要ありません。

葉酸には2種類あり、1つはポリグルタミン酸で複数のグルタミンが結合していて食品に含まれます。

一方モノグルタミン酸は1つのグルタミン酸が結合していて、サプリメントに含まれます。

食品等に含まれるポリグルタミン酸は体内でモノグルタミン酸に消化・分解されてから体内に吸収されるため吸収率が50%と低くなっています。

一方モノグルタミン酸の吸収率は85%と高いためにサプリメントとして使われます。

名称は合成葉酸になりますが成分、効果は天然葉酸と変わりはありません。

また葉酸は亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCと一緒に摂ることで働きが良くなる性質があります。

また葉酸サプリメントの信頼度を表す表示として次の2つがあります。

1、GMP(Good Manufacturing Practice) 適性製造規範

原材料の受け入れ・製造・出荷の全ての過程において製品の一定品質と安全が保たれている事の証明

2、安心安全マーク 日本サプリメント評議会が定める評価基準をクリア

以上の事実を踏まえたうえで現在国内で流通している「葉酸サプリ」の中からおすすめ出来る、かつ妊活中、妊娠、授乳期の皆さんが安心して飲める製品をランキング形式でご紹介します。

価格比較し易いようには通常価格で表示しています。

第1位 ママニック葉酸サプリ  レバンテ株式会社 0120-737-111

  • 通常価格5,000円 124粒入り(30日分/1日4粒目安) 1日分約160円
  • モノグルタミン酸400㎍+40種類以上の成分を配合
  • GMP認定工場で製造
  • 国産野菜を使用しており産地も明記してある
  • 放射能、残留農薬の試験クリア
  • 着色料、香料、人工甘味料、膨張剤無添加
  • 葉酸以外にカルシウム、鉄分、マグネシウムを含んでおり、葉酸の吸収を高める効果が望める
  • 15日間全額返金保証が付いているので試しやすい
  • ビタミンやミネラルの配分量が分かればもっと安心

第2位ベルタ葉酸サプリ 株式会社ビーボ 0120-613-614

  • 通常価格5980円 120粒入り(30日分/1日4粒目安) 1日1日約200円
  • GMP認定工場で製造
  • モノグルタミン酸400㎍、葉酸に酵母を含有させることで吸収が良くなり、体内滞在時間がながくなることで効果を高める
  • 他に鉄分20㎎、カルシウム232mg以外に野菜21種類、ビタミン・ミネラル27種類アミノ酸20種類を含む
  • 美容成分(ツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、黒酢もろみ、珊瑚カルシウム)含有
  • 第3社機関による放射能濃度、残留農薬試験実施
  • 香料、着色料、保存料、香料発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味剤、光沢剤無添加
  • 6回の定期購入がネック
  • 原材料の産地が明記してあればもっと安心

第3位AFCmitete葉酸サプリ 株式会社エーエフシー

  • 通常価格1944円 120粒(30日分/1日4粒) 1日約65円
  • モノグルタミン酸400㎍+カルシウム200mg、鉄分10mg、8種のビタミン、4種のミネラル含有
  • 合成着色料、香料、保存料不使用
  • 1t粒の直径が8mmと小さく飲みやすい
  • 製造から管理、流通まで1社で行っている為コストカット出来安価で提供できる
  • GMP認定国内工場で生産 GMP製品マークは付けられていない
  • 栄養素すべての配合量が明記してある
  • 放射線セシウムスクリーニング検査実施、合格証公開

第4位はぐくみ葉酸 hagukumi+(はぐくみプラス)

  • 通常価格3980円 90粒(30日分/1日3粒) 1日約132円
  • モノグルタミン酸400㎍、+ポリグルタミン酸100㎎、カルシウム200mg、鉄分10mg、ビタミンⅭ40mg、その他自然由来のビタミン・ミネラル20種類以上
  • オーガニックレモンから搾った葉酸を使用
  • レモンの香りがほんのりとして飲みやすい
  • GMP認定工場で製造
  • 米国等で有機認証を受けた素材を使用、化学合成品、副原料不使用、非遺伝子組み換え、アレルゲンフリー
  • 放射能検査実施
  • 10日間安心返金保証、定期コース継続の縛りがない為安心

第5位ベジママ 関西鉄工株式会社

  • 通常価格5,500円 120粒(30日/1日4粒) 1日約183円
  • モノグルタミン酸400㎍、ビタミンC、E、B12を配合
  • 鉄分やカルシウムは配合されていない
  • 代りに「アイスプラント」と言う植物に含まれる「ピニトール」と言う成分を配合
  • ピニトールは「妊活成分」と言われ豆乳なら1日約693ml飲む必要があるが4粒で可能
  • ルイボスティーの原料になっているポリフェノール豊富なルイボスを配合
  • ポリフェノールは抗酸化作用があり生活習慣病の予防に効果がある
  • GMO認定工場で生産
  • 放射能検査クリア
  • 原材料すべての栄養成分の表示があればより安心
  • 「会社概要」をクリックすると上記の会社名が出ます、鉄工会社の別部門が製造しているのかと思いますがもう少し詳しく案内してもらいたい

第6位美的ヌーボプレミアム 株式会社フック 0120-937-466

  • 通常価格8,640円  150粒(30日分/1日5粒目安) 1日288円
  • 価格的には最も高い商品
  • モノグルタミン酸400㎍、カルシウム250㎎、鉄分15mg、その他ビタミン・ミネラル27種類配合、パッケージに配合成分・量がすべて明記してある
  • 他にも静岡県産マグロから抽出したDHA(ドコサヘキサエン酸)138㎎、EPA(エイコサペンタエン酸)15mg配合
  • アメリカFDA(食品医薬品局)認定、GMP基準工場製造
  • 着色料、保存料、酸化防止剤、化学合成ビタミン不使用
  • 放射能セシウム検査クリア
  • 1日分をアルミパッケージに小分けされているので携帯に便利
  • 6回以上の継続契約が難点

ちなみに美的ヌーボについてさらに詳しく見たいと言う方は、下記サイトもチェックしてください。
>>美的ヌーボ

第7位葉酸サプリプレミン ゲンナイ製薬株式会社

  • 通常価格5,980円 124粒(31日分/1日4粒目安) 1日約192円
  • モノグルタミン酸400㎍に加え妊活、妊娠中に必要なヘム鉄15mg、カルシウム250mg、マグネシウム100㎎、その他ビタミンを配合
  • 全成分の原産国、最終加工国を開示
  • GMPよりも厳しいNSF GMP認定工場で製造
  • 第三者機関によるヒ素、鉛、残留放射能、ヨウ素の分析検査を実施し結果を表示
  • 食物アレルギー検査実施
  • 安心安全マークプラスを取得
  • 初回全額保証(20日間)
  • 夫婦で飲める

第8位オーガニックレーベルの葉酸 株式会社ミーロード 0570-550-117

  • 通常価格4,400円 60粒(30日分/1日目安2粒) 1日146円
  • 天然葉酸400㎍に加え40種類以上の栄養素
  • 103種類の天然原料で完全無添加
  • スーパーフードとして話題の「キアヌスプラウト」を葉酸の原料
  • その他ベビサポ(baby support)としてタンポポ、ざくろ、生姜、マカ、高麗人参、ルイボス、ローヤルゼリーを配合
  • GMP認定工場で製造
  • 第三者機関による残留放射の検査実施
  • 天然葉酸=ポリグルタミン酸と解釈していいのか判然としない

第9位ママナチュレ葉酸サプリ 株式会社エイチビーラボ 0120-483-463

  • 通常価格7,960円 90粒(30日分/1日目安3粒) 1日約265円
  • 天然酵母ベースのモノグルタミン酸400㎍に加えイナゴマメ由来のピニトール300mg、ホルモンバランスを整えるとされるマカ300mg、腸内環境を整える乳酸菌を配合
  • その他ビタミン・ミネラル、ルイボス末、大豆イソフラボン、ザクロエキス配合、鉄分に関しては栄養機能食品を取得
  • 香料、着色料、保存料、香料発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味料、光沢剤不使用
  • 大きさ約9mmで飲みやすい
  • GMO認定工場で製造
  • 残留放射能検査済
  • 原料の産地、栄養素の配合量が明記してあればより安心
  • 定期購入は最低6回の受け取り以降でないと解約手数料がかかる

第10位エレビット バイエル薬品

  • 通常価格4500円 90粒(30日分/1日3粒目安) 1日150円
  • 世界売り上げ№1、産婦人科、婦人医師推奨№1
  • 病院、クリニックで販売
  • 葉酸800㎍に加え18種類のビタミン・ミネラルを配合
  • GMP認定工場で製造
  • 全ての原料について受入検査を行い、内容を確認
  • 農薬試験、アレルギー試験、放射能試験実施しパス
  • サイトが最も見やすく、すべての原材料の種類,、配合量が明記してあるので安心

第11位 ララリパブリック葉酸アプリ 株式会社i-ne 0120-651-117

  • 通常価格2,980円 120粒(30日分/1日3粒目安) 1日約74円
  • モノグルタミン酸400㎍に加え国産野菜のミックスパウダーを配合
  • 加えてツバメの巣エキス、黒酢もろみ酢乾燥末、発酵黒たまねぎ末、乳酸果糖オリゴ糖、ざくろ果汁などを配合
  • 原材料名の加工国を明記
  • GMP認定工場で製造し安心・安全マーク付き
  • アメリカ・フランスで人気№1

葉酸サプリの買い方のポイント

以上おすすめの葉酸サプリ11商品をご紹介しました。

ランキングはあくまでも目安としてみて頂ければと思います。

見てお分かりのように各社、各製品それぞれ特徴があります。

また、妊活中、妊娠中の女性に必要な栄養素と言う事で各社安全性には十分に注意を払い安心安全な商品を送り出しています。

ですのでどの商品も安心して飲むことが出来ます。

どの商品も甲乙つけがたい商品ばかりなのでここから絞り込むのも結構大変です。

そこで「買い方のポイント」についてご紹介します。

1、優先順位をつける

自分自身にとって何が一番重要かを考えましょう

多くの人にとっては、まずは「金額」でしょう。次に「栄養素」。すべての製品が一日に必要な葉酸の量を満たしているので、他に摂りたい栄養素があるのかどうかです。

もし別なサプリを飲んでいるようであれば一つにするのが望ましいです。

2、定期購入を利用する

単品で購入するよりも定期購入する方が低コストですが、飲んでみて合わない場合の返品が効かないなどのデメリットがあるので返品可能、全額返金制度の有無を事前に確認する

3、身近な人に聞く

商品紹介サイトに載っている口コミは当然いい評価しか載っていません。一番確実なのは記事よりも実際に飲んでいる人の感想を聞くこと

掛かり付けの先生に聞いてみるのも一つの方法

4、会社を調べる

その商品を作っている会社がどのような会社なのかを調べてみることも大事で、出来れば「お客様相談センター」などに電話をして応対を確認することもいいかもしれません。

「相談センター」がないとか対応が悪い会社は論外

各メーカーサイトの一番下の「会社概要」をクリックすると分かります

とにかく得られる情報はすべて手入れて見ると言う好奇心も必要です。

飲み方について

「葉酸サプリ」に限らずサプリメントは補助的に摂るものですので、食事はしっかり食べることが基本になります。その上で

1、用法、用量は必ず守る

1日のうちに決められた量を飲む事

葉酸の上限値は1日1000㎎なのでこれを超えないように注意する

特にいつ飲めばいいと言うものはありません

食前、食中、食後のどのタイミングで飲んでも大丈夫

2、即効性はない事を理解する

葉酸サプリに限らずサプリメントに即効性はありません

長く飲むことで体質改善に繋がり、葉酸であれば「妊活」に効果が期待でき、妊娠中にはお腹の中の赤ちゃんの成長にいい影響をもたらします

3、継続すること

せっかく飲み始めても途中でやめては何の意味もありません

必ず飲み続けましょう

4、異変を感じたら飲むのをやめ掛かりつけのお医者さんに相談する

臭いが気になったり飲みにくい事があれば無理することはありません。一旦飲むのをやめてみるのもありです。

まとめ

妊娠、出産、子育ては女性にとっては本当に大変で心身共に消耗する時間が続きます。

その為少しで楽になるためには事前の準備も大事になります。

葉酸は「つわり」を軽くする効果もあると言われているように妊活中だけではなく妊娠中にも摂るべき栄養素であることは厚生労働省も推奨している事からも明らかです。

近頃は野菜に含まれている栄養素が昔よりも少なくなっている傾向があります。環境変化などが影響しているようです。

それでも地産地消を目指して新鮮な野菜を早く消費者に届けようとする動きも増えています。

出来ればそうした新鮮野菜を食べ、足りない葉酸をサプリメントで補う事が一番望ましい状況だと思います。

いずれにしろ「健康は自己責任」ですので勉強も必要です。

この記事がその一助になれば幸いです。